FC2ブログ

Calendar

« 11 | 2018/12 | 01 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Category

Search

▲top

17年間働いていた職場の退職金は46万円、ダッフンダ。
スポンサーサイト
--'--(スポンサー広告*)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 » comment-  » trackback-  » top

Comment Form



 title
 name
 address
 pass
[管理者に秘密文書送信→チェック] 

Comment List

[100] ……【fujiboサン*】 URL EDIT  up↑

尺八習いたいって…ま、まさか!!(爆)

[101] 男子の琴ってないんですかね。【hashizouサン*】 URL EDIT  up↑

実家に行ったら師匠と呼ばせていただきます。(爆)

・・・エルゴソフト社の業務終了。
残念でなりませぬ。ゆくゆくはIntelになると思うんだけど、アップグレードしてないんです。いまHP見たら全部終了になってるし。

[102] 確かに…【fujiboサン*】 URL EDIT  up↑

琴って男性の演奏者はあまりみませんなぁ…。
 実家で師匠っていっても恐らくhashizou氏の意図するようなタイプの尺八演奏ではないような気も(爆)
少なくともうちの場合、琴にあわせて演奏したことは無いハズ…。

エルゴソフトの件は、私も一Macユーザーとして非常に残念です。私自身はOS 9時代はEGWord 5を所有してました。どこかの某巨大独占したがり企業のワープロのようなゲテゲテなインターフェイスとは対極をなすシンプルな画面構成ながら機能的には全く遜色ない秀逸なものだったという印象です。その後ClarisWorksに移行してしまい、今はEGWordは使用してませんが、Macの進歩にいち早く対応する姿勢はいつも「さすが」と思わされたものです。今のMacは純正ソフトの出来が良すぎる故にサードパーティのソフト開発が特に国内ではイマイチ盛り上がりに欠ける感が否めないだけにこの件の影響が心配されますね。
KOTO-ZA
02'02(未分類*)
KOTO-ZA ■■ 侘・寂 ■
 とんねるずの番組「みなさまのおかげでした」のコーナー【新・食わず嫌い王決定戦】のゲスト登場時に流れる音楽なんですが、ワタクシ古典的な琴の楽曲だと思ってて、過去に琴の楽曲を集めたCDを購入した経験があるんです。・・・でこんなCDは高いんですが、探してた曲は見つからず。今まで検索しても出てこなかったんですが、今はアッサリと見つける事が出来まして”KOTO-ZA(箏座)”の祝宴って曲だったんです。で、今回は祝宴が収録されてる「組曲 竹取物語」ってのを買ってみました。なんつーか、琴や尺八、日本の楽器はいい音だな?ってつくづく感じた次第です。てか、習いたい(単純脳)。箏座HPで試聴できるので、一度聴いてみるのをオススメしますよ。
箏座(KOTO-ZA):ホームページです。
  箏座CDのコーナーから祝宴を試聴出来ます。
組曲「竹取物語」:アマゾンから購入できます。
スポンサーサイト

 » comment:3  » trackback-  » top

Comment Form



 title
 name
 address
 pass
[管理者に秘密文書送信→チェック] 

Comment List

[100] ……【fujiboサン*】 URL EDIT  up↑

尺八習いたいって…ま、まさか!!(爆)

[101] 男子の琴ってないんですかね。【hashizouサン*】 URL EDIT  up↑

実家に行ったら師匠と呼ばせていただきます。(爆)

・・・エルゴソフト社の業務終了。
残念でなりませぬ。ゆくゆくはIntelになると思うんだけど、アップグレードしてないんです。いまHP見たら全部終了になってるし。

[102] 確かに…【fujiboサン*】 URL EDIT  up↑

琴って男性の演奏者はあまりみませんなぁ…。
 実家で師匠っていっても恐らくhashizou氏の意図するようなタイプの尺八演奏ではないような気も(爆)
少なくともうちの場合、琴にあわせて演奏したことは無いハズ…。

エルゴソフトの件は、私も一Macユーザーとして非常に残念です。私自身はOS 9時代はEGWord 5を所有してました。どこかの某巨大独占したがり企業のワープロのようなゲテゲテなインターフェイスとは対極をなすシンプルな画面構成ながら機能的には全く遜色ない秀逸なものだったという印象です。その後ClarisWorksに移行してしまい、今はEGWordは使用してませんが、Macの進歩にいち早く対応する姿勢はいつも「さすが」と思わされたものです。今のMacは純正ソフトの出来が良すぎる故にサードパーティのソフト開発が特に国内ではイマイチ盛り上がりに欠ける感が否めないだけにこの件の影響が心配されますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。